SEARCH
牛角に『マンガリッツァ豚』が夏限定メニューで新登場
『マンガリッツァ豚』

『マンガリッツァ豚』

レインズインターナショナルは、焼肉チェーン店「牛角」にて、ハンガリーの“食べる国宝”と呼ばれる『マンガリッツァ豚』を、2011年7月27日から8月31日までの夏限定メニューとして導入した。価格は725円。

『マンガリッツァ豚』は、ハンガリー共和国が原産で、ハンガリー政府より国家遺産に認定され“食べる国宝”と呼ばれる豚。通常の豚と比べて体脂肪率は約70%と脂肪分が非常に多く、濃厚な赤身と霜降りの脂の両方を堪能できる。ただ、脂肪分が多いだけでなく、コレステロールの原因と言われる飽和脂肪酸が少なく、ビタミン・ミネラル等も豊富に含まれている。

ヘルシーで栄養面にも優れた『マンガリッツァ豚』は、全国の牛角店舗で食べられる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable