SEARCH
ベルリン国際映画祭で2つの銀熊賞を受賞した「恋愛社会学のススメ」日本公開

「恋愛社会学のススメ」が、カンヌ、ベルリン、ベネチアの世界3大映画祭の受賞作を中心に、各地の映画祭で話題になりながらも日本未公開だった作品を一挙上映する「三大映画祭週間2011」で、14日に公開される。

「恋愛社会学のススメ」は、2009年 第59回ベルリン国際映画祭で2つの銀熊賞(女優賞・審査員賞)を受賞した作品。

ストーリーは、一見すると熱愛中に見えるカップルのクリスとギッティの話。避暑地にやってきて大はしゃぎだが、どこからか緊張感がうかがえる二人。さらに幸せそうでうまくいっている別のカップルに出会ったことで、2人の関係が微妙に崩れていく。二人はどのような生き方を選ぶだろうか。

出演は、ビルギット・ミニヒマイアーさん、ラース・アイディンガーさん、ニコル・マリシュカさん、監督はマーレン・アーデさん。配給は熱帯美術館、配給協力はグアパ・グアポ。

全119分。原題は「Alle Anderen」。そのほかの詳細は、HP(http://sandaifestival.jp/movie_04.html)で確認できる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable