SEARCH
歩行時の運動エネルギーを熱に変換する「発熱クッション」搭載シューズ登場

ムーンスターは、ミセスのためのデイリーコンフォートシューズ“Eve(イブ)”より、業界初、歩行時の運動エネルギーを熱に変換する新機能「発熱クッション」を搭載した靴を、全国の靴専門店・量販店で8月下旬に順次販売を開始する。価格は6195円。

「発熱クッション」は、ムーンスターが独自に開発し特許を取得した新機能で、歩行による素材の収縮を熱に変換するスポンジ状の特殊素材。10℃の環境下で、EVA素材の中敷を使った通常の靴と「発熱クッション」搭載の靴とを左右で履き比べて実験すると、10分間の歩行で「発熱クッション」搭載のものが通常のものよりも靴内の温度が3℃暖かくなる。寒冷地はもちろん、足元の冷えに悩む多くの女性のニーズにマッチする機能となっている。

また、防水設計も施されており、雨や雪など悪天候の日でも安心して履くことができる。

そのほかの詳細は、ムーンスターHP(http://www.moonstar.co.jp)で確認できる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable