SEARCH
ホテル日航プリンセス京都、「DariK」とタイアップしたチョコレート予約販売開始

ホテル日航プリンセス京都は、地元京都で高品質なチョコレートを製造・販売を行う「DariK(ダリケー)」とタイアップしたチョコレートを、カフェ&ダイニング アンバーコートで1日に予約販売する。価格は、12個入が3500円、8個入が2500円、4個入が1400円。

今回「DariK」とタイアップするチョコレートは、木箱入りチョコレート・トリュフで、前日までの予約で販売を行う。またアンバーコート店内では、「DariK」の「ホット・カカオドリンク」が提供される。価格は500円。利用時間は7時~22時(予約不要)。

「DariK」のチョコレートは、世界3位のカカオ生産国ながら日本ではあまり知られていないインドネシア・スラウェシ島産のカカオ豆のみを使用したチョコレート。カカオ豆の焙煎を自社工房で行い一貫した手作りでチョコレートを製造している。

その豆は、チョコレート1個につき約10粒も使用しているため、香りがよく、またカカオ・バターや植物油脂を一切加えず、カカオ豆と厳選された生クリームと砂糖だけで作られているので、カカオ豆本来の風味と濃厚な味を楽しめる。

受け渡し時間は、11時~22時。

 

 

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable