SEARCH
インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ、ナショナル ジオグラフィック協会CSDと共同で 「Responsible Business Week(社会的責任週間)」を実施

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツは、週間、世界各国のホテルを通じ環境保全と社会貢献のための活動に焦点を当てたさまざまなイベントを3日から1週間実施する。

このイベントは、ナショナル ジオグラフィック協会のCSD(Center for Sustainable Destinations)との共同で展開される。この「Responsible Business Week(社会的責任週間)」では、世界各地のインターコンチネンタルがそれぞれの土地の魅力を将来の世代に受け継いでいくための取り組み。日本では、東京・横浜・沖縄の5つのインターコンチネンタルが参加する。

「ANAインターコンチネンタルホテル東京」では、3~7日までの5日間、10時~14時まで、日本の伝統的な「折り紙」を用いて、国内外の来客者に折り紙の文化に触れられるよう、ホテルロビーでの折り紙教室の開催と、全客室に折り紙のギフトを贈る。また、募金箱をフロントやコンシェルジュデスクの他、レストランに設置し、東日本大震災の義援金を募る活動も行う。

「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」では、ホテル従業員によるビーチの清掃活動を6日に実施。また同ホテルでは、この活動に先立ち、ANAを中心とした環境保護団体「チーム美らサンゴ」と一緒に、長年サンゴの保全活動に取り組んでいる同ホテルのダイビングスタッフによる、万座ビーチ周辺および沖縄の海のサンゴを守る活動の講演を従業員向けに行い、環境保護意識を高める。

その他の取り組みはHP(http://www.anaihghotels.co.jp/)で確認できる。

 

 

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable