SEARCH
東芝、専用メガネなしで大画面3D映像が楽しめる液晶テレビ「レグザ55X3」を発売 

東芝は、デジタルハイビジョン液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」から、専用メガネなしで大画面3D映像が楽しめる「レグザ55X3」を、12月中旬に発売する。価格はオープン価格。

「レグザ55X3」は、液晶パネルに新開発の4倍画素QFHDパネルを採用し、フルHDの4倍の約829万画素で、より緻密な高精細映像を映し出す液晶テレビ。240分割された直下型LEDバックライトをきめ細かに制御することで、深みのある陰影部と色鮮やかな光彩部の描写を実現した。

また、デジタル放送やブルーレイディスクなど、フルHD相当の2D映像から4倍の画素数による精細感のある映像を実現する「QFHD超解像技術」を新たに採用。

さらに、専用メガネを用いることなく自然で見やすい3D映像の視聴を可能にするインテグラルイメージング(光線再生)方式を採用することで、2D映像や2視差の3D映像から独自の映像処理技術で9つの映像をリアルタイムに生成し、液晶パネルからレンチキュラーシートを通して映し出すことで、大画面グラスレス3D映像が楽しめるようになっている。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable