SEARCH
コカ・コーラとパスザバトンがコラボレーション “コンツアーボトル”を再利用した「コカ・コーラ ボトルライト」を限定発売

日本コカ・コーラと“NEW RECYCLE”(ニューリサイクル)をコンセプトにしたセレクトリサイクルショップ「パスザバトン」は、生誕125周年を迎えた「コカ・コーラ」が世界各国で展開している125周年記念ライセンスグッズのパートナーとして、28日よりコラボレーション企画第2弾「コカ・コーラ ボトルライト」を展開する。価格は2万8000円。

「コカ・コーラ ボトルライト」は、コンツアーボトルを100%完全再利用し、オーダーメイドの電球作りにこだわってきた日本の電球職人が、今回のためにオーダーメイドのLED電球を制作、パーツ作りから組み立てまで、一つひとつ丁寧に手作りで仕上げたLEDライト。

ジョージアグリーンの色合いとコンツアーボトルの形を美しく映し出すライトは、USBでも充電ができる、コードレスタイプ。

グラスの底にはサンドグラスによる125周年限定品のロゴがあしらわれている。パッケージは、多方面で活躍中のアートディレクター千原徹也さんがデザインを担当。ボトルの曲線をイメージし、コンツアーボトルそのものをペイントしたようなアート性の高いものになっている。

詳細は、「コークストア」のHP(http://www.cokestore.jp/)で確認できる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable