SEARCH
ローソン、“唐揚げの聖地”で人気の味「和風フライドチキン 中津しおダレ味」を発売

ローソンは、日本唐揚協会の監修を受け、“唐揚げの聖地”と呼ばれる大分県中津市で人気の“しおダレ”で味付けした「和風フライドチキン 中津しおダレ味」を、全国のローソン店舗で29日に発売する。価格は165円。

「和風フライドチキン 中津しおダレ味」は、大分県中津市の“しおダレ唐揚げ”にならい、すりおろした「ニンニク」と「しょうが」をたっぷり使用した「しおダレ」に約12時間じっくりと漬け込んだフライドチキン。食べた瞬間にガツンと鼻に抜ける「ニンニク」・「しょうが」の香りと、まろやかな塩味が食欲をそそる和風味となっている。

大分県中津市は、“唐揚げの聖地”として、市内に60店以上の唐揚げ専門店を有する唐揚げ激戦区。昭和初期から養鶏場が盛んだったこの地域では、唐揚げは専門店で購入するもので、日常的にもお祝い事にも欠かせない生活の一部になっている。日本で最も唐揚げ文化の発展した都市。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable