SEARCH
フジテレビ、ハロとブレイブソフトと共同開発 iPhoneアプリ「ごきげんようサイコロ」を提供開始

フジテレビは、ハロとブレイブソフトと共同開発しiPhoneアプリ「ごきげんようサイコロ」を、iTunes App Store で1日に提供開始した。利用料金は350円。

「ごきげんようサイコロ」は、放送回数5000回を超える、お昼の人気トークバラエティ番組「ごきげんよう」のサイコロを3Dで再現し、誰もが一度は口ずさんだことのある、「なにがでるかな」のフレーズでおなじみのサイコロをふることができるiPhoneアプリ。

遊び方は、両手でiPhoneを持って振るだけの簡単なものとなっており、番組同様に、「今日の当たり目」・「恋の話」・「もう大変」・「ひょっとしたら私だけ」・「夏の思い出」・「今年の重大ニュース」などの、サイコロの目に合わせたテーマが80種類以上登場する。

また、「飲み会用」・「合コン用」・「友人用」・「女子会用」・「家族用」など、シチュエーションごとのパックが用意されている。そのほか、サイコロのデザインを自由にカスタマイズする機能や席替えボタン機能、サイコロの目をランダムに決められる「シャッフルボタン」機能などがあり、いろんなシーンで遊べるアプリとなっている。

ダウンロードは、iTunes App Store (http://itunes.apple.com/jp/app//id482501543?mt=8)でできる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable