SEARCH
社会人はストレスが溜まる?20代~30代サラリーマンの今年「キレた」回数は平均32回

実業之日本社は、お笑い芸人「インパルス」板倉俊之さん原作の人気コミック「トリガー」(「週刊漫画サンデー」で不定期連載中)の単行本第1巻を発売した。

本作は、2009年に板倉さんが手がけた同名の小説を漫画化したもの。近未来の日本で、悪を根絶しようという国王の意志で制定された「射殺許可法」と、拳銃の所持と発砲を許可された「トリガー」と呼ばれる人々に関わる人たちの人生を描いており、「電車や飲食店でのマナーの悪さ」などを、トリガーの意志でどんどん処罰されていくシーンが印象的な作品となっている。

そこで、「トリガー」単行本第1巻発売を記念して、今にも爆発寸前の20代~30代のサラリーマン300名に「今年キレたことは?」についてアンケート調査を実施。調査の結果、「今年キレたことがある」と答えたのは全体の45.7%と約半数で、「キレたことがある」人の平均「キレ」回数は、1年に32回、10日に1回はキレていることがわかった。ちなみに、「キレた」対象で一番多かったのは「上司」。2位は「同僚」で、3位は「自分」という結果になった。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable