SEARCH
職場で昼寝が容認される?先駆的な企業はすでに取り入れているお昼寝タイム

毎日残業で忙しく、なかなか十分な睡眠時間がとれない。週末も溜まった家事や友人との約束でゆっくりと休めない。そんな毎日を送っていると、ランチタイム後、パソコンに向かいながらデスクでついウトウト…なんて人も少なくないだろう。

National Sleep Foundation(NSF)が2008年におこなった調査によると、29%のアメリカ人は、仕事中に居眠り、またはウトウトしてしまったことがあるそう。また、NSFは、こういった寝不足の労働者たちは仕事の効率が悪く、さらには体調不良で仕事を休むことも多いため、年間で数十億ドルの損失になっていると指摘。そこで、「業務中にリフレッシュできるスペースを設けて、その損失を防ごうではないか!」と考える企業も増えてきている。

すでに、先駆的な企業として知られる「Google」だけでなく、スポーツ用品メーカーの「Nike」でも、ベッドやソファが設置され、癒し系音楽の流れる「お昼寝スペース」を社内に設けており、社員が必要なときは自由に使用できるそう。また、昼寝用の個室が借りられるスパのディスカウントなどを提供している会社もあるという。

頭をリフレッシュさせるのに必要な昼寝時間は、10分~15分でいいというのは有名な話。「仕事を効率的にこなすためには、職場でのお昼寝タイムが必要」と、上司に提案してみては?

 

参照元:The Huffington Post (英文)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable