SEARCH
外国人が抱く日本人女性観光客のイメージは「ブランド品を買い漁る」

毎年1000万人以上が海外へ渡航するようになった現代。日本人にとって海外旅行は身近なものになってきているが、そんな日本人の姿は現地の人々にはどう思われているのだろうか。

クロス・マーケティングは、海外5地域(ハワイ、パリ、ローマ、ソウル、香港)の在住者20歳~69歳の男女(各国200名)を対象に、「外国人の日本人女性観光客に対する意識調査」を実施した。

調査によると、現地の人々が抱く日本人女性観光客のイメージは、「現地語を話さない」、「写真をたくさん撮る」、「団体行動をとる」などに加え、ソウル、香港では「化粧が濃い」だそう。

また、“変”だと思う日本人女性観光客の買い物行動については、各国共通して「ブランド品を買い漁る」で、ハワイ、パリでは「小額の決済で高額紙幣を出す」、ローマでは「店員とコミュニケーションをとらない」、ソウルでは「レジでの支払いに手間取る」、香港では「商品を買わないのに店内をうろうろする」などが挙げられた。

なお、日本人女性観光客が身につけた方がよい「行動・マナー」は、各国ほぼ共通して、「現地人とのコミュニケーション」や「嫌なことは嫌と言う、はっきり断ること」だそうだ。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable