SEARCH
ペットは外見だけでなく性格も飼い主に似ていることが判明

「ペットは飼い主に似る」とよく言うが、実は外見だけではなく性格も似ていることが英の調査でわかった。

心理学者のランス・ワークマン氏が犬を飼っている人を対象におこなった調査で、人間は、無意識のうちに自分と性格の似ている犬種を選んでいることが判明。

例えば、フレンドリーな性格で知られるラブラドールやゴールデン・レトリバーの飼い主は、犬と同じように社交的な性格をしており、攻撃性の低いビーグルの飼い主は、何事にも動じない落ち着いた性格をしているという。また、日本でも人気の高いチワワなどの小型犬は、意外にも(?)開放的で創造性に富んだ頭のいい犬種で、それは飼い主も同じだそう。そういえば、チワワの飼い主として有名なアメリカ人セレブのパリス・ヒルトンは、おバカなイメージが強い反面で、ビジネスの成功者としても知られている。

ワークマン氏によると、人間は無意識に自分と性格やライフスタイルが似ている犬種に惹かれるのだといい、それは恋人を探すときと同じ仕組みなのだとか。だから、自分と相性ピッタリのワンちゃんと巡り遭えれば、末永く幸せに暮らせるというわけだ。

愛犬の性格を知ることで、今まで知らなかった自分の新たな一面がわかっちゃうかもしれない。

参照元:Mail Online(英文)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable