SEARCH
いつものビールをワンランク上のおいしさに「うすはり」グラスの松徳硝子と「藤巻百貨店」が気分で使い分けるグラスを開発

“いつものビールをもっとおいしく味わいたい”というビール好きに、是非ともおススメしたいグラスが「藤巻百貨店」限定で本日販売開始!

「藤巻百貨店」は、元伊勢丹の名物バイヤーとして知られ、テレビや雑誌でも活躍する藤巻幸大がプロデュースするウェブサイト。今回、高級料亭やビールのCMなどでおなじみの「うすはり」グラスで知られる松徳硝子と、気分に合わせて“飲み物の力を最大限に引き出す”オリジナルグラス6点セット「麦酒盃六種揃」を共同開発した。

「ビール」と一言にいってもその味わい方はさまざま。仕事のあとにキュッとひと口で飲み干したいとき、お風呂上りにキリッとした喉ごしを楽しみたいとき、ゆっくりと芳酵な香りを堪能したいとき…。「麦酒盃六種揃」は、グラスの造形やサイズ、薄さがそれぞれ異なるので、ビールの種類や気分、シチュエーションなどに合わせてグラスを選ぶことができる、まさに“通好み”のグラスセットなのだ。

吹き棹を使って金型にガラスを吹き込む職人の手仕事によって生まれる6つの個性豊かなグラスは、ビールに限らず、ワインや日本酒、ジュースなどのおいしさも最大限に引き出してくれる。それぞれのグラスに伝わる五感の違いを楽しみながら、今日の自分にぴったりのグラスを探し出せば、いつものビールがワンランク上のおいしさになること間違いなし!

商品は、6点セットの「麦酒盃六種揃」(1万500円)のほか、2点セット「麦酒盃弐客揃」(5250円)もあり、どちらも専用ボックスに入っているので、クリスマスや年末年始の贈り物にもおススメの逸品だ。詳細は、HP(http://fujimaki-select.com/artisan/003-02.htm)でも確認できる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable