SEARCH
【東京ディズニーリゾート】ミッキー型のおでんや中華まんなど、冬の温かメニューが続々登場!身体も心もほっこり

東京ディズニーリゾートは、ミッキーやミニーがあしらわれた冬の温かメニューを12 月 1 日から販売する。

中でもイチオシなのは、東京ディズニーランドの「ホットポット(おでん)」と中華まん!「ホットポット(おでん)」(500円)は、大根、さつま揚げなど全5種類の具材が入っており、オレンジ色のミッキーシェイプのこんにゃくが超キュート!これで体を温めながら食べ歩きをすれば、寒さを忘れられそう!!

また、中華まんは、ミッキー型の「ミッキーマウスまん(ポーク&てりやきチキン)」とミニー型の「ミニーマウスまん(ストロベリー&ミルク)」の2種類。顔の部分と耳の部分には違う具が入っていて、1つで2つの味が楽しめる人気商品だ。それぞれ首元と頭にリボンがあしらわれ、見た目もかわいく女性や子どもにおススメ。

また、食事と一緒にお酒を楽しめる東京ディズニーシーでは、大人のデートにぴったりの「ホットワイン」(650円)が初登場!ちょっと変わった冬メニューを食べてみたい人は、「チャンドゥテール(チキンクリーム)」(400円)にトライしてみてほしい。「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に登場するトラの子ども“チャンドゥ”のしっぽを中華まんにしたもので、やさしい味のチキンクリームに、コーンの甘みとしゃきしゃき食感がアクセントとなっている。

寒い時期のアトラクションめぐりは大変だが、こんな温かメニューを食べ歩きできるのも、この季節ならではの楽しみ。これからのクリスマスシーズン、パレードやイルミネーションなどを見に行く際には、是非冬ならではのメニューを試してみてほしい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable