SEARCH
食べ終わったお弁当箱が、愛を深めるアイテムに!「愛妻の日」を記念した驚きのサービスとは?

1月31日は何の日かご存知だろうか?日本愛妻家協会によると、1をアルファベットのI(アイ)、31(サイ)と読む「愛妻の日」だそう。「妻という身近な存在を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない」という理想のもと制定された。同協会によると「愛妻家スタイル」とは、日ごろの感謝を花に託して妻に送ることのようだ。

このスタイルにならって「愛妻の日」に花を贈るのもいいが、せっかくなら思い切ったサプライズをしてみては?フラワーショップ「日比谷花壇」では、今月24日〜31日の1週間、「愛妻の日」を記念して、空になった愛妻弁当にお花をつめるサービス(完全予約制/1日限定5組/先着順/料金:1500円)をおこなっている。

お昼の時間、いつものように愛妻弁当を平らげた後、12時30分〜13時30分までの間に「日比谷花壇 日比谷公園店」に空のお弁当箱を持ち込めば、サイズにあった花をセレクトしてくる。帰宅後、いつものように妻に弁当箱を渡し…開けてビックリ!そして、愛が深まるというわけだ。

毎日、毎日弁当をつくってくれている奥さんに感謝している人も多いはず。数少ないこの機会に日ごろの感謝を伝えてみてはいかが?また、夫がいる人は「愛妻の日」の存在をアピールして、何かをおねだりするのもアリかも!?

予約方法など、詳細はHP(http://aisai.hibiyakadan.com/#aisai02)でご確認を。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable