SEARCH
東京駅で買える「和洋スイーツベスト5」春のお土産&贈り物はこれで決まり!

これから新入学や春休みの季節を迎え、お土産やちょっとした贈り物としてスイーツを買う機会も増えてくる。だが、豊富な商品の中から1つを選び抜くのは大変なもの。今回は、選りすぐりのスイーツ店が揃い、“お土産の名所”ともなっている東京駅構内「GRANSTA DINING(グランスタ ダイニング)」の「2012年和洋スイーツベスト 5」を発表!こんな人気商品を贈れば、喜んでもらえること間違いなし!

<洋スイーツ編>

1位:ワッフル・ケーキの店 R.L「ワッフル10個セット」(1100円、トップ画像)
神戸に拠点を置くワッフル専門店「R.L」の東京駅限定「ワッフル10個セット」が見事1位を獲得!ふっくら焼き上げた生地に季節のフルーツやクリームをはさんだワッフル・ケーキは、バリエーションも豊富。

2位: ヒトツブカンロ「グミッツェル」(各120円)
外側はパリッと、中はしっとりとした新食感が楽しめるグミは全6種類で、プレッツェルの形がかわいらしい。バラでも買えるので、自分用のおやつや、会社でちょっとしたお礼を配りたいときなどにもぴったり。近隣オフィスで働くOLたちから高い支持を集めている。

3位:マルシェ ド ショコラ「チョコレートコレクション」(各400円)
「マルシェ ド ショコラ」は、メリーチョコレートカムパニーが手がけるチョコレート専門店。まるで香水のようなデザインのパッケージは全14種類、ナッツやドライフルーツなど、さまざまなフレーバーをチョコレートで包んだ一口サイズのチョコレートだ。

4位:patisserie KIHACHI & LE SUN PALM「キハチワッフルショコラサンド8枚入」(1260円)
フランスパン用の準強力粉を使用し隠し味に塩を効かせた、サクサク食感が魅力。セサミクリームをサンドしスイートチョコレートでコーティングしたものと、フランボワーズクリームをサンドしてホワイトチョコレートでコーティングしたものの2 種類の詰合せ。

5位 ARDEUR 「マカロン(5個入)」(1000円)
博多が本店の人気パティスリーのマカロン。外はサクッ、中はしっとりで、口溶けのよいクリームがサンドされた、見た目も鮮やかなスイーツ。

<和スイーツ編>
1位:日本橋錦豊琳「かりんとう3個箱」(1100 円~)
“行列のできる”人気店が、5年連続1位の殿堂入り!年間約50万個を売り上げる一番人気の「きんぴらごぼう」や「むらさきいも」、「野菜」など好きなものを3つ選べるセットで、季節ごとに販売される限定フレーバーも人気。

2位:銀座  甘楽「豆大福(6個入)」(1200円)
和魂洋才を取り入れ、素材の風味を最大限に生かす和菓子ショップは、昨年の3位から1ランクアップ!北海道の留寿都契約農園産の小豆で炊いた餡と、宮城県産の「こがねもち」を使用した看板商品の「豆大福」は、シンプルにして上品な味わい。

3位:鳴門金時本舗  栗尾商店「角」(630円)
蒸した鳴門金時を特製の蜜床に漬け込み乾燥させた「角」は、食べやすい一口サイズのダイス状。一番人気の和三盆をはじめ、塩昆布や珈琲など意外な組み合わせが絶妙!お酒にも合う大人のスイーツだ。

4位:東京にこ鈴「にこ鈴焼 3本入詰合せ」(1280円)
東京駅の待ち合わせ場所でおなじみの「銀の鈴」をモチーフにしたお菓子。一晩寝かせた生地をふんわりやわらかく焼き上げ、焦がしバターをたっぷり使った洋菓子風の仕上がりで、あずき、くり、紅いもの3種類のセット。

5位:あわ家惣兵衛  「駅舎最中(5個入) 」(1250円)
昨年東京駅丸の内駅舎の保存、復原の完成を記念した「駅舎最中」。その愛らしい形はもちろんのこと、小豆餡とバタークリームがサンドされた軽い食感とこだわりの味で、今や東京駅土産の新定番として人気急上昇中!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable