SEARCH
おいしいラブケーキを食べながら、社会貢献もできる幸せプロジェクト!

おいしいケーキを食べつつ、社会貢献活動ができる。そんな幸せプロジェクトを紹介したい。ワールド・ビジョン・ジャパンは、クリスマスに向けて、「ラブケーキプロジェクト」を実施する。

ラブケーキプロジェクトは、日本各地で活躍する参加パティシエが1ピース足りないホールケーキ「ラブケーキ」を準備し、各店舗で販売するもの。ラブケーキは通常のホールケーキと同じ価格で販売され、足りない1ピース分の金額がワールド・ビジョン・ジャパンに寄付され、国連世界食糧計画(WFP)と連携しておこなわれる食糧支援プロジェクトに役立てられる。

2009年に9店舗から始まったラブケーキプロジェクトだが、昨年は全国から89店舗が参加。期間中に798個のラブケーキが販売され、38万2295円の募金が寄せられた。2009年からの募金総額は147万7672円、ラブケーキ販売個数は3268個となり、アフリカで延べ約10万人の支援をした。

5年目となる今年も、初年度から参加しているオーボンヴュータン(東京都・等々力)、パティスリーデフェール(横浜市・青葉区)などの有名店が参加を表明。全国からも続々と参加の名乗りが上がっている。ラブケーキの予約受付は、各店舗により異なるが、11月下旬頃からの開始予定。

ラブケーキで、心温まるクリスマスを過ごしてみては?ラブケーキプロジェクトの詳細はこちら(http://www.worldvision.jp/involve/lovecake/index.html?link_id=1)。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable