SEARCH
2014年気になる出来事は「消費税率引き上げ」 こんな時に武器になる資格は…?

2013年も師走を迎え、2014年はもうすぐそこまで来ている。今年もさまざまな出来事があったが、どんなことが記憶に残っているだろうか?来年はどんな年になるだろうか?

通信教育を手掛けるユーキャンは、今年を振り返りつつ、2014年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査を実施し、20~40代男女991名から回答を得た。

2013年に起きた出来事で印象に残ったもの、1位は「消費税率8%への引き上げ決定」(52.3%)という結果となった。続いて、2位「2020年夏季オリンピック開催都市が東京に決定」(51.6%)、3位「『半沢直樹』『あまちゃん』等のドラマ話題化」(48.0%)という結果に。オリンピックや話題のドラマなどの出来事があった中で、生活に大きく影響を与える「消費税率の引き上げ決定」が印象に残ったとする回答が目立った。

2014年に予定されている出来事や話題で気になるもの、文化・技術面1位は「ソチオリンピック開催」、政治・経済面1位は「消費税率引き上げ」となった。

さらに、家計にどのような変化があると思うかも聞いてみた。「所得が増えると思う」と回答した人はわずか13.1%だった。一方で、「支出が増える」と回答した人は57.9%と半数を超え、「より節約に励む予定だ」と答えた人は63.8%という結果になった。

これらを踏まえた上で、2014年に武器になりそうな資格を聞いてみたところ、1位は「ファイナンシャルプランナー(FP)」、2位「ケアマネジャー」、3位「TOEIC(R)」、4位「社会保険労務士」、5位「簿記」となった。消費税率アップが予定されていることもあり、資産設計ができる「ファイナンシャルプランナー(FP)」が一番多く票を集めた。

消費税率アップが何かと日々の生活に影響しそうな2014年…。就職、転職に生かせるのはもちろん、自分の暮らしを守るために、「ファイナンシャルプランナー(FP)」などのお金系の資格を取るのは狙い目のようだ。詳しくはこちら(http://www.u-can.co.jp/2014shikaku)をチェックしてほしい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable