SEARCH
自転車も“共有”の時代!?京大で自転車シェアリングサービス実験導入スタート

自転車は便利な乗り物だが、歩道いっぱいにとめられている自転車は、歩行者とっては迷惑なものだ。リレーションズは、そんな放置自転車問題というマイナス点に着目。3月14日より、京都大学で自転車シェアリングサービス「COGOO(コグー)」を実験導入する。

COGOOは、会員がモバイル端末を使って人を介さずに自転車をレンタルすることができるるサービス。京都大学の学生・職員は、所有のスマートフォン・フィーチャーフォンから簡単な登録手続きをするだけで、自転車を無料で利用できる。

京都大学では毎年数百台のペースで放置自転車が発生し、さらに、日本全国の放置自転車数は200万台にも及ぶという。リレーションズは、COGOOの自転車を1台導入することにより、10台の放置自転車をなくすことができると試算している。

利用は簡単!モバイル端末で取得した暗証番号を、コグマシーン(自転車荷台の機器)に入力することで、自転車キーを取り出すことができ、自転車を借りることができる。借りた自転車は、キャンパス内に複数箇所あるCOGOO駐輪場のどこでも返せる。

これからは自転車も“共有”の時代!?新しい移動手段として、自転車シェアリングに注目したい。詳しくは(https://cogoo.jp)で確認してほしい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable