SEARCH
ワールドカップ開催間近!練乳と卵がたっぷりブラジル風カスタードプリン登場

雪印メグミルクが、 「プジン~ブラジル風カスタードプリン~」(LL140g)を3月25日(火)より全国で新発売する。

「プジン~ブラジル風カスタードプリン~」は、ブラジルで定番のカスタードプリンをイメージしたプリンだ。

“プジン(pudim)”とは、プリンを意味するブラジルの言葉。母から娘へと代々受け継がれる、ブラジルでは定番のお菓子なのだとか。

通常カスタードプリンというと“牛乳”と“卵”が特長だが、ブラジルでは“練乳”と“卵”を使うという。コンポートしたフルーツを入れたカラメルを使用するのがブラジルの家庭流だとか。

そこで「プジン」では、さらなる工夫として、レーズンの風味をプラス。練乳と卵の風味に、レーズンの甘酸っぱさがアクセントとなるだろう。

パッケージにはブラジルをイメージした、眩しいカナリアイエローにオリジナルのキャラクターがあしらわれ、地球の反対側の熱気を伝えている。

サッカーワールドカップ開催を6月に控え、今後ますます注目が高まるブラジル。おやつや食後のデザートに、おウチで気軽にブラジルのおやつはいかがだろうか。

詳細はこちら(http://www.meg-snow.com/)。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable