SEARCH
永遠のブルースマン忌野清志郎が贈る待望の新刊「ネズミに捧ぐ詩」堂々の刊行!

永遠のブルースマン忌野清志郎。自宅で新たに見つかったノートを完全書籍化した、詩と日記による未発表・私小説「ネズミに捧ぐ詩」が、5月2日に発売される。

1988年2月、親父の死をキッカケに清志郎は筆をとる。実母への溢れ出る想いを、繊細かつ瑞々しい筆致で綴った…。執筆から26年、四半世紀のときを経て、永遠のブルースマンが贈る待望の新刊だ。装画は愛娘の百世さんが担当している。

「ネズミに捧ぐ詩」が発売となるこの日、東京・渋谷公会堂では、恒例の「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」(18時~)が開催。奥田民生、仲井戸“CHABO”麗市、トータス松本らが出演する。

そして、22時からは、NHK総合で、「ラストデイズ 忌野清志郎×太田光(爆笑問題)」が放送される。番組では「ネズミに捧ぐ詩」の原本であるノートも紹介する。

5月2日はファンならずとも特別な1日となりそうだ。「ネズミに捧ぐ詩」はこちら(http://www.amazon.co.jp/dp/4046004371/)から。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable