SEARCH
夏と言えば…、コレでしょ!!「昔ながらの冷やし中華」とは一線を画した、進化系「冷たい麺」3選

夏になると、なぜか無性に食べたくなる冷やし中華。卵やキュウリがのった昔懐かしい味を思い浮かべる人も多いハズ。しかしながら、今や夏の麺の世界は日進月歩。各店、趣向を凝らした「進化系」の冷たい麺を考案している。今日は、そんな中から個性あふれる品をご紹介。食べたくなったらすぐお店へGo!

1.【バーミヤン】冷し担々麺~黒ゴマXO醤添え~
肉味噌と相性バツグンの芝麻醤の香り漂う一品。お好みで、付け合せの黒ゴマXO醤を入れると、黒ゴマ冷やし担々麺に変化!ピリ辛なXO醤の旨みとゴマの香りを楽しめる。単純な辛さだけを追求するのではなく、プラスワンのこだわりとして “香る辛さ”に着目した、バーミヤン夏のイチオシメニュー。(http://www.skylark.co.jp/bamiyan/)

2.【揚州商人】黄金雲丹(うに)冷し麺
次は、“贅沢系”冷やし麺を。この商品、濃厚で豊潤な海の香りが漂う海鮮高級食材「雲丹」を贅沢に使用している。トッピングは海老。雲丹と海老が口の中で絶妙なハーモニーを醸し出している。また、この品は、前日の雲丹の仕入によって「日ごと」、「店舗ごと」に提供される数量が限られているというちょっと変わった数量限定販売。自分へのご褒美に、いつもよりちょっと贅沢な麺はいかが!?(http://www.yousyusyonin.com/)

3.【麺屋黒琥-KUROKO-】ごまダレ冷やし中華
最後は、進化系の「冷やし中華」を。ともすればさっぱりしがちな冷やし中華が多い中で、家系ラーメンならではの濃厚な味わいが楽しめる。また、普段ラーメン店でほとんど食べることが出来ない十六穀飯もあり、健康志向の「ラーメン×ライス」もOK!自家製マー油(焦がしにんにく油)が入った「黒琥ラーメン」が大人気のこのお店、夏の間は冷やし中華に浮気してみては!? 渋谷店・東神奈川店にて販売中。(http://www.menya-kuroko.com/)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable