SEARCH
アツアツもよし、氷を入れてもよし!カップヌードルライトシリーズに「そうめん」登場

暑い夏は目前に迫り、食欲も減退しがちな今日この頃。こんなときは冷たい麺類を啜るに限る!そんな気分にぴったりの日本の夏の定番が、カップヌードルライトシリーズに登場する。

日清食品が、「カップヌードルライトそうめん」(税別170円)を7月7日より全国で新発売する。

「カップヌードルライト」シリーズに「氷を入れて冷やして食べる」という新しい食べ方を提案する“夏はICEカップヌードル”キャンペーン。2012年からスタートしたこのキャンペーンは、暑い夏にぴったりの「キ~ンと冷えたおいしさ」が楽しめると好評だ。

今年はカップヌードル史上“初”となるそうめんが「カップヌードルライト」シリーズから登場。もちろん、通常の調理のとおりお湯を入れるだけでなく、氷を入れて冷やしても楽しめる。今回新開発となるそうめんは、小麦粉の豊かな香りとしなやかな麺質が特徴で、ホット調理では湯のびしにくく、アイス調理でもしっかりとしたコシのある食感になるのだという。

「カップヌードルライトそうめん」は鶏をベースにシイタケのだしとアサリ、昆布のうまみを加え、アクセントにショウガを利かたスープがよく絡む、さっぱりとしながらもコク深い「和のカップヌードル」となっている。炭火焼チキン、スクランブルエッグ、ネギ、花かまぼこ、ショウガと具材も豊富だ。

葛飾北斎の富嶽三十六景をあしらった「和のカップヌードル」にふさわしいデザインのパッケージが目印となっている。ホットでアツアツにして食べるもよし、キ~ンと冷やして食べるもよし、お好みの食べ方で、日本の夏の定番をお手軽に味わってみてはいかがだろうか。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable