SEARCH
名盤が一挙に登場!「ジャズの100枚。」を10月8日より限定発売

2017年に誕生から100年を迎えるという、ジャズ・レコード。ユニバーサル ミュージックは、歴史を代表する名盤を「ジャズの100枚。」として、1作品1000円(税抜)で10月8日より限定発売する。

ブルーノート、プレスティッジ、リヴァーサイド、ヴァーヴ、ECMなどユニバーサルが権利を有する名門ジャズ・レーベルが総参加するこのキャンペーン。2017年のジャズ・レコード100周年に向けたカウントダウン企画となっている。

今回発売する作品は、その多くが半世紀前の1950~60年代に録音されたアルバム。ジャズ発祥の地アメリカでも、近年ジャズ名盤の再発アナログLPが若い世代を中心にブームとなっており、改めてジャズへの注目が集まっている。

収録曲は、誰もが一度は耳にしたことがありそうな、TVや映画で使用されたナンバーも多数。その一部をご紹介すると、「ワルツ・フォー・デビイ」(日産「ティアナ」CM曲)、「ザ・ケルン・コンサート」(パナソニック・テレビ「プラズマタウ」CM曲)、「モーニン」(NHKテレビ「美の壺」テーマ曲)、「この素晴らしき世界」(映画『グッド モーニング,ベトナム』)など。

シリーズのキャラクター・デザインには、「新潮文庫の100冊」のキャラクター、パンダのYonda?君などで知られるイラストレーター・チーム100%ORANGEを起用。商品の帯にキャラクターを大きくあしらい、「ジャズ=お堅い」イメージを払拭した「ジャズボーヤ」も登場している。

この機会に、ジャズの世界に触れてみてはいかが。「ジャズの100枚。」公式サイトはこちら(http://www.universal-music.co.jp/jazz100)から。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable