SEARCH
日本人の約7割が休暇中にモバイルを手放せない!?

休暇の過ごし方についての意識は、各国にそれぞれ特徴があるらしい。

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(http://jp.hotels.com)は、今年7月、28カ国の2495人を対象に、世界的な調査を実施した。

今回の調査のメインテーマ「休暇中に携帯機器を手放せない国ランキング」では、なんと1位にタイがランクイン。タイ人旅行者の大多数である85%が、大事な携帯機器を持たずに休暇に出ることを考えるだけで冷や汗が出ると回答した。

続く2位が韓国で、78%が携帯機器を持たずに休暇に出るのは困難だと回答した。日本は、3位にランクインし、同回答は69%だった。

また、日本人においては、38%が休暇中に携帯電話を長時間使い過ぎたことを帰宅後に後悔していることが判明。77%が休暇中に仕事関係のメールをチェックしている一方で、69%が休暇を利用して仕事のことを忘れようとしていることを考えると、後悔するのも無理はないと言えるだろう。

それでも、ソーシャルメディアへのアクセスはどこにいてもとても重要であると考える日本人は42%にのぼった。携帯機器を手放せない理由は、どうやら仕事だけではなさそうだ。

この他、「日本人旅行者にとって重要な旅行アイテムトップ10」や、「休暇中の体験を誇張する傾向が強い国のランキング」なども調査された。

いつでもどこでも誰かと繋がっているのが現代の情報化社会。休暇の過ごし方は、一考の価値があるかもしれない。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable