SEARCH
史上初!野菜や生クリームを使用した“冷やして食べる”ランチパック登場

ローソンから、史上初“冷やして食べる”「ランチパック」2種が沖縄県を除く全国のローソン店舗にて本日8月26日から登場!

今回登場するのは、ローソンと山崎製パンがなんと約2年もかけて共同開発した史上初の“冷やして食べる”ランチパック。1984年のランチパック発売以来、冷蔵の商品を販売するのは初めての試みだ。常温では使用することができなかった生クリームや野菜の食感を残したサラダが入ることで、味のバラエティがさらに豊かになった。

「ランチパック パンプキンサラダとごぼうサラダ」(185円)は、自然な甘味を楽しめるかぼちゃサラダと、ごぼうとにんじんのシャキシャキとした食感を楽しめるごぼうサラダの組み合わせ。朝ご飯やランチ向きの商品だ。

北海道産の小豆を氷砂糖で炊いた粒あんと、甘さ控えめのカスタードクリームに生クリームをあわせた「ランチパック カスタードホイップとあずきホイップ」(185円)は、食後のデザートやおやつ時にぴったりな商品となっている。

パン生地に麦麹を入れることで、冷やしてもしっとり柔らかな食感を保った「ランチパック」の新商品。夏も終盤とはいえまだまだ気温の高い日が続くこの時期に、冷たいランチパックはいかが?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable