SEARCH
紅葉シーズンはまだまだ終わらない!静岡県東部で“もみじまつり”開催!

寒さも徐々に深まり、今年も紅葉シーズンが到来した。今月下旬には三連休も控え、家族・友人たちと紅葉狩りに出かけようとしているという方も多いのでは?

今回ご紹介するのは、都内からもアクセスしやすい静岡県内の紅葉スポット。11月中旬から12月上旬に見頃を迎えるという静岡県の紅葉スポットでは、この時期、伊豆随一のもみじ群生林がある修善寺の「修善寺もみじまつり」や、日本一遅い紅葉が楽しめる 熱海梅園の「熱海梅園もみじまつり」などで、紅葉イベントが静岡県各地で開催される。

日本一早咲きの梅で知られる「熱海梅園」は、実は日本一遅い紅葉の名所でもあるということをご存じだろうか。「熱海梅園もみじまつり」期間中は、毎年恒例の足湯開設、 熱海梅園もみじまつりフォトコンテストに加え、ジャズコンサート、ハーモニカ&ウクレレ演奏会なども実施され、夜は「もみじライトアップ」も楽しめる。

さらに、修善寺に位置する花と緑のテーマパーク・虹の郷では、11月20日(木)から11月30日(日)まで「虹の郷もみじライトアップ」が行われるほか、熱海梅園でも、もみじまつり期間中の11月15日(土)から12月7日(日)までもみじがライトアップされるなど、夜間でも紅葉を楽しむことができる。

1ヘクタールに約1000本もの紅葉群生林があるという修善寺もみじ林の「修善寺もみじまつり」では地場産品を販売する露店が出店し、温泉街では修禅寺庭園秋の特別公開(有料)を行う。また虹の郷では秋のもみじライトアップを実施し、虹の郷のライトアップ期間中は修善寺駅から虹の郷まで修善寺温泉経由でバスが運行するので、初めて訪れるという方も心配は御無用。心行くまで園内の色づく木々が楽しめる。

首都圏近郊の紅葉スポットに行きそびれてしまったという方もご安心を!静岡の紅葉はこれからが見どころだ。ぜひ、家族・友人勢ぞろいで訪れてみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable