SEARCH
テーマは流れ星!二コラシャールから、ワンランク上の手間と時間をかけた個数限定のスペシャルパフェがお目見え

先日、銀座から移転オープンした二コラシャール表参道本店。その二コラシャールから、ワンランク上の手間と時間をかけた個数限定の新商品が登場!

その名もスぺシャリテリエジョア「イエロースター」(2180円)。リエジョアとはフランス語でパフェを意味する。「イエロースター」は世界を繋げる空、そして空に感動を与える流れ星をモチーフに作られたリエジョアで、この一杯で地上から空までを表現している。

まず、グラスの上にふわりと乗っている黄金色に輝く飴細工の真上からたっぷりの「熱々ストロベリーソース」をかける。すると、流れ星が一瞬で消えてしまうようにイエロースターの飴細工も赤い「熱々ストロベリーソース」に飲み込まれていく。これをスプーンで掬い口に入れると、まず初めにあたたかくて酸味が少し強いストロベリーの味がする。それから、チーズクリームの滑らかな食感と味の中で違和感を持つガリガリとした感触。飴細工がアクセントとして活きてくる。

「イエロースター」には特殊な食べ方がある。リエジョアの真ん中に入っている「オレンジアイス」まで来たら、「イエロースター」と一緒に小さなスプーンで運ばれてくるハチミツで出来た小さなパール状の玉とその上に乗った雪の結晶のような小さな飴をまとめて一口で頂くことだ。すると、口の中でワッとサプライズが広がる。ほんのりとろける甘いハチミツの味の中で小さな飴がパチパチッとはじけるのだ。この小さな飴には二コラの遊び心が込められている。

さらに食べ進めると、今度は「オレンジアイス」と「レモンヨーグルトドリンク」でできた層がお出迎え。甘さよりも少し酸味とフルーティーさが目立つようになる。さらに、スプーンを掬いすすめ、「ぶどうゼリー」まできたらグラスの底まで勢いよくグンッとかき混ぜることをおススメする。すると、それまでの雲のようなふわふわとした食感からザクザクと強い食感を伴った「フィアンティーヌ」と「クッキー」が口の中で強くアピールしてくるようになる。

甘みも酸味も強すぎない優しい味。そして、玉手箱のような未知の食感や驚きが一杯のグラスに閉じ込められたまさにスペシャルなリエジョア、それが「イエロースター」だ。この注文を頂いてから作る、時間と手間をかけたスペシャルリエジョアをぜひ、ニコラシャール表参道本店カフェで食べてもらいたい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable