SEARCH
就活中なら今すぐ登録を!一人ひとりにピッタリの情報が配信される就活キュレーションアプリ「レクミー」誕生


就活の最初の壁は情報収集だ。どの企業がどんな仕事内容や条件で学生を募集しているのか、自分ひとりで収集するのは、かなりの労力と手間がかかる。しかも、実際は「コレだ!」という情報を見逃してしまっているケースも少なくない。

そんな悩める就活中の学生を強力にバックアップしてきたのが「レクミー (Recme)」だ。レクミーは、学生の就活・採用支援事業を行うリーディングマークが2013年にローンチしたWEBサービス。登録者数は今年1月時点で1万名を超え、登録企業も日系大手企業から新進気鋭のベンチャー企業まで幅広く網羅。日本最大の動画就活プラットフォームとなっている。

レクミーがそこまで厚く支持される最大のポイントは「動画就活」。学生は企業の提示する「テーマ」に従って自分の動画を投稿し、面接前から自分の姿を企業に伝えることができる。また、マイページに自らの動画をアップロードし企業にアピールすることで、自分自身を評価してくれる企業からのスカウトを受けることも可能だという。

これは、学歴や居住地域(地方)の問題で不利な就活を強いられていた学生にも大きなチャンスをもたらす。

この「動画就活」機能に、新たに「就活キュレーション」機能を追加したのが、この度2月6日にリリースされたスマホ用アプリ「レクミー(Recme)」。日本全国の企業のWEBサイトに公開されている新卒採用情報を収集し、学生が選択した志向性(キーワード)や閲覧履歴を参照しながら、学生一人ひとりに合った最適な採用情報を配信してくれるスグレモノだ。

学生が「グローバル」や「起業」など、85種類あるキーワードの中から就職先に求めるものを選択すると、日本中のWEBサイトから集められた採用情報の中から、該当する企業の採用情報やニュースがスマホに配信される。また、レクミーのシステムは学生の閲覧履歴を学習し、配信する情報を最適化するため、使えば使うほど、適切な就活情報を手に入れやすくなるという。

一般的な就職支援サイトでは、広告出稿額が高い情報ほど優先的に配信されるが、レクミーは中立の立場で一人ひとりに合った情報を配信。近年問題視されている企業と学生のミスマッチや、膨大な情報の中から自分に合った企業を見つけ出すことが困難である、という問題も解決してくれる。

一方、学生を採用する企業にとっては、学生が選んだキーワードや閲覧履歴をもとに、自社に合った志向を持つ学生を検索することができるため、本当に採用したい人材と出会うことが可能に。また、学生のプロフィールページには、自己PR動画が登録されているため、学歴やエントリーシートだけではわからない、「人柄」や「人間性」を見極めてから面接へ誘致することができるようになる。

採用される側、採用する側の双方に大きなメリットを生む、日本初の就活キュレーションアプリ「レクミー(Recme)」。もしアナタが就活中なら、今すぐダウンロードすることをおススメする。また、身近に就活で困っている人がいたら、すぐにでも教えてあげよう。

ダウンロードはコチラ(https://www.recme.jp/app/)から。(対応OSはAndroid OS4.0以降、iOS version8.0以降/対応機種:iPhone5、5s、6、6+。)

なお、就活キュレーション機能は、現在アプリのみでの公開となっているが、3月中にはウェブサイトのレクミーにも同様の機能が追加される予定なので、PC派はあと少しお待ちを。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable