SEARCH
好きな果物・野菜とミキサーにかけるだけ!“糀もろみ”使用の「糀スムージーの素」で、スムージーが飲みやすく!

厚生労働省は1日の果物推奨摂取量を200g以上としているが、現実はほとんどの人が推奨摂取量を採れていない。なかでも特に若年層での摂取不足が問題となっている。ちなみに1日の果物摂取量は20代が66.6g、30代が59.9gというのが現状(’12年 厚生労働省調べ)だそう。

そこで、果物・野菜の栄養素をしっかりとってもらおうと、イチビキ( http://www.ichibiki.co.jp )は、糀もろみ(特許出願中)を使用した果物・野菜と相性抜群の「糀スムージーの素」(税抜200円)を発売する。店頭には2月27日(金)頃から並ぶ予定だ。

健康を意識している若い女性を中心に「スムージー」が大人気だが、家庭で作ると味が単調になったり、野菜の苦味で毎日飲めないという意見が実に多い。そこで同社は創業より「発酵」と向き合ってきた経験と技術から、果物・野菜と相性が良い「糀もろみ」を開発。砂糖不使用の自然な甘さと、乳酸発酵のすっきり感が野菜特有の苦味・臭みがやわらげてくれるから、家庭でつくるスムージーがおいしく、飲みやすくなるというわけ。

つくり方は、「果物・野菜100~150g程度」+「同商品1袋(45g)」+「水100ml」をミキサーで混ぜるだけと、いたってカンタン。また、約1万株の菌株ライブラリーから選び抜いた植物性乳酸菌が含まれているのもウレシイところ。

スムージー生活に憧れているけれど、味がちょっと…という人は、この機会にぜひ試してみてほしい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable