SEARCH
グラスの中は春爛漫!“日本の春”をテーマにしたオリジナルカクテル登場

セルリアンタワー東急ホテルのタワーズバー「ベロビスト」で毎年好評の“日本の春”をテーマにしたオリジナルカクテルが、この春も登場!

4月30日までの期間、桜と梅酒のフローズンカクテル「スプリング ロワイヤル」と、春の花をイメージして和のアクセントを加えた「ラ ダンス デ フルール」の2種類が楽しめる。

「スプリング ロワイヤル」」(1杯2263円)は、桜のシロップ、梅酒とクラッシュアイスをブレンダーでミックスしたフローズンタイプのカクテル。仕上げにシャンパンを贅沢に満たし、若桃の甘露煮でデコレーションした。

梅(梅酒)から、桃(若桃)、桜(桜シロップ)、葡萄(シャンパン)と移り変わっていく日本の春景色を1杯のグラスの中に表現。日本の奥ゆかしさや美しさを感じられる一品に仕上がっている。

「ラ ダンス デ フルール」(1杯2057円)は、2015年の新デザインで提供。日本酒をベースにした柚子リキュールに、グレープフルーツを加え、仕上げにクランベリージュースを満たしたカクテル。グラスの中に浮かぶカラフルな花びらで、春の心踊る様子や喜びを表現した。

柚子の豊かな香りで和やかな日本の春を楽しめる。

グラスの中で花開いた春景色を心行くまでご堪能あれ!詳しくはこちら(http://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/bellovisto/)を見てほしい。

※表示の料金にはサービス料10%および消費税8%が含まれている。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable