SEARCH
いつもの料理をワンランクアップ!ドイツのなたね油「エルンテゴールド」の美味しさの秘密とは?!

いつもの家庭料理をちょっとおいしく仕上げたいなら、塩、砂糖、醤油、オイルなどの基本調味料を見直してみるのもひとつの手。

ドイツアルプスの岩塩「アルペンザルツ」などを輸入販売するSKWイーストアジア(http://www.skwea.co.jp/)が、新商品ドイツ産生なたね油「エルンテゴールド(ErnteGOLD)」(250ml× 12本)を発売する。

エルンテゴールドとは、ドイツ語で「収穫」+「黄金」という意味。ドイツの契約農家で収穫し、厳選したなたねの黄金の芯のみを超低温で圧搾。黄金の芯のみを使うことで、バランスの良い脂肪酸、オメガ3脂肪酸10%、ビタミンE、抗酸化物質など、菜種に含まれる天然の良い成分を残すことに成功した。

黄金色のなたね油が持つマイルドでナッツのような味わいは、いつもの料理の可能性をぐっと広げてくれるはず。

一度食してみれば、なたね油本来の美味しさにびっくりするかも?!ぜひお試しあれ

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable