SEARCH
太陽を浴びるほど白く!?驚きの花のチカラに着目したロクシタン初の美白シリーズ誕生

ロクシタン初となる美白シリーズが誕生!植物研究を続けてきたロクシタンが、太陽を浴びるほどに白さを増す純白の花「レーヌデプレ」に着目した「レーヌブランシュ」シリーズを、アジア人女性の肌に合わせて開発した。

新シリーズの開発にあたりロクシタンが着目したのは、“草原の女王”という意味を持つ花のレーヌデプレ。

光を浴びるほどに花に含まれるフラボノイドが増加し、白さを増す神秘的な力のあるレーヌデプレは、南仏プロヴァンスにあるドローム地方、標高800~1200メートルのアルプスの清らかな水の恵みを受けた、肥沃な大地に咲く希少な花。プロヴァンスではブライダルフラワーとして人々に愛され、美しさと純粋さのシンボルとされてきた。

ロクシタンでは「レーヌブランシュ」シリーズの全アイテムに共通成分としてオーガニック レーヌデプレ エキスを配合している。

製品ラインナップは、みずみずしいテクスチャーで瞬時に浸透し、なめらかな純白美肌を極める薬用美白美容液や、ふっくらとキメを整え、光を受けて輝く肌を叶える薬用美白クリームなど全5品。

「レーヌブランシュ」が内側から発光するような透明度の高い輝きを放つ肌へと導く。驚きの花のチカラで輝きの春肌を手に入れて!「レーヌブランシュ」シリーズをもっと知りたい人はこちら(http://www.loccitane.co.jp/jp/20150307_reine/)を見てほしい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable