SEARCH
東野圭吾デビュー30周年記念作品「ラプラスの魔女」。圧倒的スケールのミステリ長編が5月15日にいよいよ解禁!

前作「マスカレード・イブ」以来、約9ヶ月ぶりとなる、東野圭吾ファン待望の最新刊「ラプラスの魔女」(発行:KADOKAWA/税抜1680円)が5月15日に発売することが決定した。

東野圭吾と言えば、1985年に「放課後」で第31回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビューして以来、「秘密」「白夜行」「手紙」など、数々のヒット作を生み出してきた超人気作家。直木賞受賞作品「容疑者Xの献身」を始めとする「ガリレオ」シリーズの映像化は、書籍・映像ともにエンタテインメント界の一大ムーブメントとして、歴史に名を刻んでいる。

本作は、そんな東野氏のデビュー30周年記念作品となる。作品に付けられたキャッチコピーは、「彼女は計算して奇跡を起こす」。圧倒的スケールをもって描かれるミステリ長編だ。

東野氏本人は「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった。そしたらこんな作品ができました」とコメント。

はたして、彼のコメントの意味するものは何なのか?そして “ラプラスの魔女”の意味とは?!すぐにでも読みたい!というファンのために、発売に先立ち特設サイト(http://www.kadokawa.co.jp/higashinokeigo/laplace/)がオープン。発売当日に向けて、作品の最新情報が随時アップされる予定だ。

特設サイトでは、予約販売も受付中。興味がある人は、5月15日を待ちながら、こまめに情報をチェックしてみよう。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable