SEARCH
地域密着型の大正銀行が、オール大阪ロケの心温まるショートムービーを公開!挿入歌は関西で活動中の「ルア」

大正銀行は、大阪にある地域密着型の銀行。その名の通り、創業は大正11年。以来「相互繁栄の精神で、お客さまを大切にし、地域社会に信認される中小企業専門の金融機関」を経営理念に掲げ、歩んできた。住宅関連の貸出、医療・介護福祉等の開業支援をはじめ、無料年金相談開催など、資産運用や遺産相続の際に役立つパートナー的存在だ。

そんな大正銀行が、4月3日より公式ホームページにて、オリジナルショートムービー<「おもう」って、たいせつ ~父と、娘と。娘の進路編>を公開する。内容は、大阪に住む家族の姿を通して、「地域社会に信認される金融機関」を生活者目線で表現したものとなっている。

第一弾となる本作の主人公は、女性飛行パイロットに憧れる高校三年生の春子と、それに反対する真面目で厳しい父、輝昭。進路を巡って激しく衝突する二人だが…。

大阪に住む父子の心境の変化を丁寧に描き、最後には父と娘、それぞれの「おもう」気持ちが描かれていくというストーリーは、観る人にじんわりとした感動をもたらすはず。

撮影のロケーションは、全編を通して地元大阪。 ちなみに銀行のシーンは、大正銀行伊丹支店で撮影を行ったのだそう。また挿入歌には関西で活動中の「ルア」の楽曲を起用するなど、とにかく大阪要素にこだわって作られた動画となっている。

大阪在住の人はもちろん、大阪が好き、大阪に興味があるという人も、ぜひ一度観てみてほしい。視聴は公式ウェブサイト(http://promotion.taishobank.co.jp/movie/201504)へどうぞ!

また、第2弾ムービーの公開も5月に予定されているというから、こちらもお楽しみに。もちろん次作も「大阪を想い、大阪に住む人々とともに」という大正銀行らしい仕上がりが期待できそうだ。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable