SEARCH
鮮度バツグンのサバと、お店で握る一口鉄板餃子の旨い店が2店舗同時にオープン!


株式会社ゴールデンマジックが、「九州の活気溢れる繁盛店」を再現した居酒屋「九州熱中屋」ブランドより、2015年5月12日(火)に「九州熱中屋 志紀LIVE」と「九州熱中屋 野田阪神LIVE」を2店舗同時オープンする。

九州熱中屋の名物は、大分直送の「活豊後さば刺し」(1尾3980円 /半尾1980円)。
「活豊後さば刺し」は、大分県豊後水道の荒波にもまれ、身の締まり、脂ののり共に超一級品のさばを大分から活魚車で丁寧に搬送し、注文をいただいてから生簀より引き上げて調理する。脂ののったトロトロの腹側の身と、ギュっとしまったコリコリの背側の歯ごたえは、他では味わえない新鮮そのものの味わいだ。
サバは優しく運ばれているため、水槽の中でも元気良く泳ぎ回っている。

もうひとつの名物は、「博多一口鉄板餃子」(1000円)。
こだわりの素材を各店舗で混ぜ込んで作っている「博多一口鉄板餃子」は、豚の腕挽肉を粘りが出るまで丁寧に良くまぜ、食感、ジューシー感にこだわり、キャベツ、ニラなどの野菜をたっぷり混ぜ合わせた種を特製の皮で一つ一つ包みこんでいる。

九州の活気溢れる繁盛店を再現した、九州熱中屋でしか食べられない逸品の品々を、ぜひ実感してみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable