SEARCH
美味しく手軽に野菜が摂れるのはこれ!食べたいときにすぐ食べられるスグレモノ3選

野菜不足に悩んでいる女子は多いが、自宅の冷蔵庫に新鮮な野菜をキープしようとすると、それはそれでなかなか難しいもの。そこで「野菜を食べたい」というニーズに応えた新製品のうち、オススメのものをピックアップ。

1.【丸美屋食品工業】「野菜を食べる、スパイシートマトスープ ケイジャン風」
夏にぴったりな、トマトベースのスパイシーなスープで、具材は、キャベツや茄子、コーン、さやいんげん、かぼちゃなど。1食に、一日に必要な野菜量の1/3に相当する120g分の野菜を使用。パッケージをリニューアルして、6月1日(月)からコンビニで発売。価格は160円(税抜)。

2.【吉野家】「ベジ丼」
“ガッツリ”のイメージが強い牛丼店でも、「野菜への意識高い系」を満足させる新商品が登場。「健康且つ食べ応えのある商品」をコンセプトに、オクラ、ブロッコリー、サツマイモなど11種類の温野菜が盛りつけられている。一日に必要な野菜の量の半分が摂れるのがうれしい。税込530円。他に、小盛りサイズの牛丼に温野菜を盛りつけた「ベジ牛」、旨辛カレーに温野菜を盛りつけた「ベジカレー」も。5月21日(木)10時より発売。

3.【カルピス】「『カルピス』ベジタラッテ」
いわゆる「野菜ジュース」は苦手だけれど野菜をジュースで飲みたい、という人はこちらをどうぞ。「カルピス」に、野菜ジュースの中で人気のあるニンジンと、果物の定番であるリンゴを組み合わせたまろやかな味わいが特徴。税抜150円。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable