SEARCH
あの話題の“鳥カフェ”がバーになる!?真夏の夜は2日間限定の「ことりBAR」でほろ酔い気分を楽しもう

小鳥たちとゆったりひとときを楽しめる「ことりカフェ」。もう行ったことがあるという方も多いだろう。鳥好きにはたまらない話題のあのお店が、この夏期間限定で大きく生まれ変わるという。

ことりカフェが、8月8日(土)と8月28日(金)の2日間限定で営業時間を20時まで延長し(通常18時まで)、「ことりカフェ吉祥寺」にて「ことりBAR」をオープンする。今回、通常のアルコールメニューに加え、三鷹市お土産認定「TAKA-1」に選ばれ(2012年)、スタジオ・ジブリデザインで三鷹市イメージキャラクターPokiがラベルの「三鷹キウイワイン」や、人気の「いんこKITCHEN」による「インコおつまみプレート」なども用意されている。

「ことりカフェ」の店内には、インコをはじめ、カナリヤ、オウム、文鳥など、人気の小鳥たち約25羽が勢揃い。衛生面やニオイについては、小鳥スペースをガラス張りのケージで完全に区切るなど徹底配慮。表参道店は野菜スイーツ専門店「パティスリーポタジエ」、およびインコケーキで話題の「パティスリースワロウテイル」と、吉祥寺店は地元人気スイーツ店「パティシエ ジュン ホンマ」と、それぞれ小鳥をモチーフにしたオリジナルスイーツを共同開発。また、店内には全国各地から取り寄せた“ことりグッズ”も販売。癒しのひとときと空間を提供する、話題の“鳥カフェ”だ。今回期間限定でバースタイルが楽しめるとあって、新たな一面を見せてくれそう。

真夏の夜は、可愛い小鳥たちを観賞しながら、涼しい店内でまったりとほろ酔い気分を楽しんでみて。

※通常の営業時間は10:30~18:00までだが、「ことりBAR」オープン日の8月8日(土)・28日(金)は20:00までの営業となる。(定休日:毎月第3火曜日※祝日の場合翌日)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable