SEARCH
まるで海の上!絶景ロケーションのカフェレストランで「佐島グリルビーフバーガー」に下鼓!!

世の中は夏休み。見晴らしが良くて、リゾート気分を味わえるレストランに行きたいな、と思ったらオーシャンフロントカフェレストラン「MARINE&FARM」(http://marine-and-farm.com/) がおススメ。

同レストランは、湘南佐島に7月17日にオープンしたばかり。「東京から一番近い絶景ロケーションのカフェレストラン」としてモーニングからディナーまで賑わっており、特にテラス席から富士山を正面に眺めるサンセットは大人気だとか。

その「MARINE&FARM」がこのほど、牛肉界の“箱入り息子”と言われる幻の「相州牛」を使った「佐島グリルビーフバーガー」(税抜1800円)の発売を開始した。

「相州牛」とは、神奈川が誇る農林水産大臣賞受賞の銘柄牛。一つの酪農家のみが生産しているため、味のバラつきが少ないのが特長だ。こだわりを持った酪農家により、富士・丹沢からの清らかな水と、南足柄の地元産業のビールの搾りかす、大山豆腐のおからといった安全・安心な餌が与えられ、きめ細かな美味しい良質な肉が生産されている。

この希少な相州牛のハンバーグに、地元三浦で収穫される日替わりの旬の「三浦野菜」のグリルをトッピングして仕上げたのが、とびきり美味しい「佐島グリルビーフバーガー」!

同レストランのテーマは「EAT LOCALLY」、つまり地産地消。相州牛以外にも、三浦半島の野菜、佐島・長井・横須賀・三浦の各漁港の魚介類、ハーブやフルーツ、肉、卵、牛乳、クラフトビールなど、採れたて&獲れたての旬の食材を、新鮮・フレッシュな状態で、できる限りシンプルに調理して提供している。

人気メニューは、「三浦マグロのステーキ」「三浦野菜のココットロースト」「藤沢みやじ豚ポークロイングリル」「湘南釜揚げシラスのペペロンチーノ」「三浦産スイカのカクテル」など。

自然あふれる三浦半島・佐島の海や夕陽を眺めながら、神奈川の美味しい!を心ゆくまで堪能したい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable