SEARCH
抹茶ドーナツに渋皮栗、さつまいも!茶寮都路里に、秋を味わう期間限定メニューがお目見え

1978年に、京都・祇園にて創業された茶寮都路里(http://www.giontsujiri.co.jp/saryo/)の店舗は現在、京都に3か所、東京に1か所。京都・祇園のはんなりとした空気を感じられる空間で、宇治茶の多彩な味わいを楽しむことができる。

なかでも、抹茶や白玉、わらびもち、あんこなど和の素材を活かしたスイーツは秀逸。今日はその中から、9月1日登場の秋限定メニューをご紹介。

注目のメニューは3種類のスイーツ。各店舗ごとに提供メニューが異なるため、そこでしか食べられないというプレミアム感も満載だ。

祇園本店・京都伊勢丹店の2店舗にて登場するのは「初秋の調べ(しょしゅうのしらべ)」(税込1242円)。抹茶ドーナツとふんわり塩キャラメルクリーム、ヘーゼルナッツゼリー、塩アイス、玄米茶クッキーなどの個性的な食材が絶妙なハーモニーを奏でる人気商品だ。

高台寺店限定の「秋の夜(あきのよ)」(税込1451円)は、今年の新作。グラノーラや渋皮栗、さつまいもの甘露煮などが盛り込まれ、秋の訪れを存分に楽しめるパフェとなっている。ぷるぷるの抹茶わらびもちやほうじ茶ゼリー、玄米入抹茶せんべいなど、都路里自慢のお茶の食材もたっぷり。

大丸東京店にお目見えするのは、「古都パフェ 秋限定」(税込1468円)。こちらは、同店で人気のメニュー「古都パフェ」の秋バージョン。紫いものペーストやさつまいも、栗など、秋の味覚が満載だ。

おいしいものが増える秋。まずはその恵みをスイーツから楽しんでみては?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable