SEARCH
九州の最西端の離島でつくられた幻のうどんを都内で食すチャンス!「上五島のごっつ。フェア2015」開催

九州の最西端の離島、長崎県五島列島(新上五島町)でつくられている幻のうどん「五島うどん」をご存じだろうか?日本のうどんの発祥とも、讃岐や稲庭などとあわせて、“日本三大うどん”と呼ばれることもあるが、かつては幻のうどんと言われてきた歴史から、いまだ知られざるうどんというイメージが強い。

そんな幻のうどんを都内で食すチャンス!「上五島のごっつ。フェア2015」が、10月30日から11月30日まで開催される。

「上五島のごっつ。フェア2015」では、五島手延うどんにフィーチャーし、都内21店舗の和食店で、ランチタイムに「角煮うどん」と「上五島のだんごっつうどん」(大判すり身揚げうどん)」(各900円・税込)の2種類の五島うどんメニューを提供する。

ディナータイムには、たっぷりのお湯でゆで上げたうどんを、しょうゆやあご(トビウオ)だしで食べる上五島名物「地獄炊き」を提供(10店舗)。プレゼントキャンペーンなどとあわせて五島うどんをPRする。

このほかにも、新鮮な魚介の刺身や、魚介たっぷりの鍋、かんころ餅の揚げ出しなど、上五島の食材に各店が工夫をこらした約50種のメニューを用意する。

世界遺産候補の島、長崎五島列島。上五島のごっつ(ごちそう)を召し上がれ!お店の検索などはこちら(http://www.kiwa-group.co.jp/)からできる。


■「上五島のごっつ。フェア2015
期間:10月30日~11月30日
実施店:際コーポレーション運営の都内和食店

日本列島酒場 上五島(渋谷)、黒座暁摟(赤坂)、たつみ屋(秋葉原、浅草)、大吉三(日本橋)、魚吉三(神楽坂)、葱や平吉(芝、池尻大橋、渋谷、自由が丘)、葱屋ひかり(国立)、ひかり屋本店(赤坂)、ヒカリ屋(深川)、ゆるり屋(渋谷)、黒長兵衛(羽田)、まめとら(銀座)、玉乃葉ぐーや(西麻布)、玉乃葉梅軒(二子玉川)、葱屋みらくる(神楽坂)、ばくばく居(渋谷)、ヒカリ(恵比寿)計21店舗

※実施内容は店舗によって異なる。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable