SEARCH
おひとりさまでも楽しめる小さなビヤホール「銀座ライオンLEO」が東京駅近くにオープン!

サッポロライオンは、「銀座ライオンLEO TEKKO avenue店」を12月1日(火)にグランドオープンする。

同店は、東京駅の八重洲北口に隣接する好立地で、このたび新たに誕生する「鉃鋼ビルディング」の商業ゾーン“TEKKO avenue”の地下1階に位置。

「鉃鋼ビルディング」のグランドオープンは、サービスアパートメント開業に合わせ来年2月4日(木)を予定しているが、地下1階・1階の商業ゾーンエリア“TEKKO avenue”は、上記日程で先行オープンするのだそう。

店内は赤レンガの壁やタイルの柱、丸い照明などがレトロ感を演出。古き良き時代の昭和ノスタルジックな雰囲気を感じるお店に仕上げた。おひとりさまでも気軽に立ち寄れる小さなビヤホールだ。

食事メニューは「おとなのポテトサラダ(税抜550円)」「黒ビール風味に焼き上げたアイスバイン(税抜1680円)」「5種キノコと生ハムのアヒージョ(税抜800円)」「牡蠣とズワイ蟹のシーフードグラタン(税抜1100円)」など、ビヤホールらしく豊富なバリエーションを用意。

なお、オープン記念として、「ヱビス3種飲み比べセット(3杯)」を12月30日(水)まで2杯分の税抜1100円で販売するほか、オープン記念特別コースを1月31日(日)まで4人以上要予約で1人税込5000円で提供する。こちらは、料理8品と通常飲み放題プランにヱビス3種とビヤカクテル6種がついた「プレミアム飲み放題」がセット。3時間ゆったり楽しめる宴会コースだ。

開店は11:00から、ランチの注文は17:00まで。ディナーの注文も平日は22:00、土曜は21:30、日曜は21:00と閉店30分前までとなっている。

おひとりさまで軽く、また時にはみんなでゆっくり飲み放題。シーン別で楽しめるビヤホールもいいのでは?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable