SEARCH
パリのショーケースのお菓子のよう!!「歩く姿は百合の花」を地で行く可愛い靴で、みんなの視線を独り占め


「出会った瞬間、体温が2℃あがる靴」がコンセプトのシューズブランドmayla classicが「可愛い」が好きな女性向けのアイテムを発売した。

イベントが目白押しの年末年始にむけて、キュートで印象的な足元に注目が集まること間違いなしのコーディネイトを楽しんでみてはどう?!

mayla classicが発売したアイテムは2種類。

「甘いお菓子の物語」(1万3200円・税抜)は、お菓子の都パリでショーケースに並べられる、まるでジュエリーのような甘いお菓子の世界を表現。キラキラとした美しさには笑顔を呼ぶ力があるという物語から生まれた靴。

「百合の花」(1万3700円・税抜)は、立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花にたとえられる、純潔や美しさを形容する百合をイメージ。繊細でフェミニティなシルエットは、リボンがしなやかにながれる姿がとても魅力的。

恋をするときのドキドキ感、その幸せな気持ちを感じられそうなmayla classicの「甘いお菓子の物語」と「百合の花」を、あなたの魅力を際立たせるアイテムとして是非取り入れてみて。購入はYahooショッピング店(http://shopping.geocities.jp/maylaclassic/)やZOZOMARKET店でどうぞ!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable