SEARCH
口の中から初夏を感じる!老舗のショコラブランド「イルサンジェー」に、ライム、ミント、バラ、バジルをふんだんに使った極上ショコラが登場


仏老舗ショコラブランド・イルサンジェーの東京ブティックに夏季限定のショコラが発売された。暑い中でも存分にショコラの味を楽しめる逸品とはどんな味?


イルサンジェーのショコラは、現当主が毎日工房で作成しているところが大きな特徴。弟子にまかせることなく、1粒に3日間以上もかけるというそのショコラは、希少さとそのこだわりで有名だ。


夏限定の「ショコラ エテ」シリーズは、旬の素材をふんだんに使用。味わいや香りを極限まで引き出している。「クワトロ 夏のライム」はライムジュレ、ライムのマジパン、ガナッシュ、パート・ド・フリュイの4層ショコラ。酸味のマリアージュと、エメラルドのような緑色がさわやか。


「愛しの薔薇」は、薔薇パート・ド・フリュイと真ん中にホワイトチョコレート、イルサンジェー氏が刻んだ薔薇の花びら入りで、うっとりするような香り広がるショコラ。


「ティセの長方形」は、バジル入りガナッシュにトマトコンポートの酸味が程よい。イタリア料理よりインスピレーションを受けた作品だ。


「ミントのガナッシュ」は、イルサンジェー一家の中庭で採れたフレッシュミントを生クリームで煮出し、チョコと混ぜたガナッシュ。優しい清涼感がお口に広がる、発泡性ワインとよく合うショコラ。


夏季限定の極上ショコラで夏の訪れを感じる、そんな特別なひとときを味わってみて。

http://www.hirsinger.co.jp/

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable