SEARCH
パエリアALL500円、ローストチキン丸ごと980円!本場さながらのスペインバルが東京吉祥寺に上陸


情熱と太陽の国、本場スペインを「直輸入」したような異国情緒あふれるスペインバルが、今夏、東京吉祥寺にオープンする。

武蔵野市吉祥寺に7月26日(火)オープンするのは、スペインバル「Paella & Tapas Barta吉祥寺」。お店に一歩足を踏みいれると、そこはまるでスペイン!お客様とスタッフ、お客様同士の距離がほどよく近く、賑やかでフランクな雰囲気のバルだ。

「Paella & Tapas Barta吉祥寺」の看板メニューは、なんといっても本場スペイン仕込みの一人前「パエリア」。ボリュームたっぷりなのに全8種が終日ワンコイン500円でいただける。パエリアの種類もバラエティ豊かで、「鶏肉とアスパラ」 「豚肉とブロッコリー」 「ソーセージとキノコ」 「ガーリックステーキ」 「3種エビ」 「イカ墨」「たっぷり魚介」 「タラとアサリ」と、肉から海鮮まで毎日食べても飽きないのでは?と思わせる品揃え。

また丸ごと一羽を特製専用オーブンで焼き上げる「丸鶏のローストチキン」も、980円というお値段。バルならではのタパスも50種以上が280円からとリーズナブルに気軽に楽しめる。

オープン記念として「時間無制限飲み放題1000円」を実施。①生ビール・ハイボール・カクテル、②ワイン20種(赤9種/白9種/スパークリング2種)から選んで、スペイン料理と共に楽しもう!

本場さながらのスペインバルを、仕事帰りやデートとして気軽に利用してみてはいかが?

「Paella & Tapas Barta吉祥寺」
営業時間 11:00~23:30 (L.O.23:00) ※金・土・祝前日 11:00~翌4:00(LO.3:00)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-14山水ビル1F
電話:0422-20-8288

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable