SEARCH
今年は9月15日(木)♪ まったり彼と過ごしたい「お月見イベント」3選

今年の十五夜は9月15日(木)。冴えわたる「中秋の名月」を眺めながらのカレとの夜デートもオツなもの。そこで、十五夜にちなんだディナーやイベントを3つピックアップ。秋の夜、しっぽりと「大人の時間」を楽しんでみては?

1.【リーガロイヤルホテル東京】 「松茸を愉しむお月見会席」
同ホテルの「日本料理なにわ」懐石コーナーで堪能できる、秋の味覚を代表する松茸を使用ししたディナー。満月をイメージしたすっぽん豆腐のほか、お月見団子を模った前菜など、お月見のモチーフを随所に取り入んである。松茸は土瓶蒸しや焼物、松茸御飯など様々な調理法で楽しめる。10月31日(月)まで、時 間は17:30~21:30(L.O. 21:00)。料金は9,504円。

2.【サンシャイン水族館】 「海月ノフシギ~クラゲを知る~」
漢字では「海月」と書くクラゲ。同水族館では、秋の風物詩・中秋の名月にかけてクラゲの魅力にフィーチャーしたイベント「海月ノフシギ~クラゲを知る~」を開催中だ。中秋の名月にちなみ、満月やうさぎをイメージした映像がクラゲトンネル水槽に映し出され、満月のように美しく輝くクラゲたちの幻想的な姿が楽しめるほか、クラゲの赤ちゃん展示、クラゲの給餌解説などの特別イベントが。9月27日(火)まで開催。今年のお月見は、水族館で!

3.【阿部蒲鉾店】 「秋限定かまぼこ・里の秋」
最後は、おうちでまったりとお月見を楽しみたいカップル向けのおつまみを紹介しよう。創業80年を迎えた仙台名産笹かまぼこの老舗の限定かまぼこだ。「かまぼこ技能士」の資格を持つ職人がひとつひとつ丁寧に手づくり。秋の味覚や自然をモチーフにしたまるで和菓子のようなそのかわいらしさで「食べるのがもったいない!」、「思わず写真を撮りました!」と大好評。価格は、栗2個、柿3個、きのこ4個、もみじ4個で税込2,376円。料理の手間もなく、盛り付けるだけのオシャレなおつまみで、2人の会話がさらに弾みそう。購入はコチラ(http://www.abekama.co.jp/shop/)から。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable