SEARCH
削ると花が咲く!? 桜や梅など花の形をした色鉛筆新登場

普段、仕事や日常生活で使う文房具。毎日の生活で使うからこそ、こだわりのあるものを持ちたい。そんな人にお勧めの商品が登場した。

日本を代表する伝統的な“花のかたち”と“花の色”を持ち、削りかすが花びらになるなど、心が楽しくなる「花色鉛筆」が、商品化を前提とした新しいモノづくりプラットフォーム『TRINUS(トリナス)』にて11月6日(日)より予約販売がスタートした。

その断面には、桜(さくら)、紅梅(こうばい)、蒲公英(たんぽぽ)、常磐(ときわ)、桔梗(ききょう)と、日本の代表的な草花のかたちを表現。かわいらしさはもちろんのこと、その形状により持ちやすく滑りにくい機能性も兼ね備えている。

日本の伝統的な花のかたちと色を持っているため、削るとまるで本物の花びらのような削りかすが生まれる。


通常の鉛筆は製造時に木材の多くがロスとなるが、花色鉛筆ではこの木材の部分に廃棄古紙を主原料にしたMade in Japan の新素材を活用。リサイクルであると同時に、プラスチックと同じ成形方法で製造されるため素材のロスも出ない。削りカスも従来どおりに可燃ごみとして処分できる。

花色鉛筆は5本1セット、価格は税抜1800 円。下部から断面が見える五角形の特徴的なパッケージで、ギフトにも最適だ。

また塗り絵ができるポストカード(5枚入り1セット/税抜800円)とメッセージカード(5枚入り1セット/税抜1000円)も購入可能。メッセージカードには、中身が透けるトレーシングペーパー製の封筒付き。花びらの削りかすを入れて、家族・友人を驚かせるのも面白い。

花色鉛筆を使うたび、毎日の仕事も楽しくなりそうだ。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable