SEARCH
花粉や汗、ニオイを分解して水に変える!?最新技術とは…?

ハイドロ銀チタンテクノロジーをご存じだろうか?光触媒を進化させた光がなくても作用するハイブリッド触媒で、花粉、ハウスダスト、カビなどのタンパク質や、汗、ニオイ、不衛生タンパク質を水に変える画期的なクリーン技術のこと。

ミズノとDR.C医薬は、そんなハイドロ銀チタンテクノロジーを活用したスポーツウエアなどのスポーツ用品の共同開発を進めており、このほど第1弾として、ハンドタオル、フェイスタオル、バスタオルを発売する。

「ハイドロ銀チタンタオル」は、繊維表面上の花粉、ハウスダスト、カビなどのタンパク質や、汗、ニオイ、不衛生タンパク質を分解するため、運動中、運動後、日常生活において、快適な環境作りをサポートする。

3月13日(月)から順次、全国のミズノ商品取り扱い店にて発売。「ハンドタオル」は900円(税抜)、「フェイスタオル」は2000円(税抜)、「バスタオル」5500円(税抜)となっている。

今後は、スポーツウエアや周辺アイテム(フェイスガード、キャップ、靴下など)を展開予定とのこと。花粉症に悩む人にとっても新たな救世主となってくれるかも!?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable