SEARCH
「ビアホールライオン 銀座七丁目店」で83周年祭!


1934年(昭和9年)に創建された、現存する日本最古のビヤホール「ビアホールライオン 銀座七丁目店」が、4月8日(土)に創建83周年を迎える。

その内装は、なんと今でもほとんど創建当時のまま。「いつも同じ姿で迎えてくれるビヤホール」、「思い出が詰まっているビヤホール」として数多くの人々に愛され続け、現在に至るという。

同店では日頃の感謝を込め、「誕生祭」として、4月8日(土)当日限定でおトクなイベントを開催する。


まずは、毎日売切れ必至の人気看板メニュー「銀座ローストビーフ」通常1480円(税抜)が、この日に限り、83周年にちなみ特別価格830円(税抜)に!

このローストビーフは、肉の風味をしっかりと活かす、大根おろしと山葵を添えた「カツオだしベースの和風ソース」が美味しいと評判の一品。生ビールとの相性もよく、20年以上前から人気のメニューなのだとか。


また、同店自慢のサッポロ生ビール黒ラベルが、当日限定のガリバーブーツグラスにて登場!サイズは大ジョッキ約3杯分(約3000円相当)と大ボリューム。こちらも、創建年の1934年にちなみ、1934円(税抜)とおトク価格で提供される。この機会に仲間とシェアして盛り上がろう!

なぜジョッキがブーツ型なのかというと、昔ドイツの兵士が戦勝を祝うときに長靴にビールを注ぎ回し飲みした際、空気のいたずらでビールが顔に跳ね返ることがあり、そのビールを浴びた人が“ラッキーな人”として賛美されたことが由来となっているのだとか。


当日は17時・18時・19時・20時の計4回、アルプス音楽団のコンサートも開催。陽気なポルカやワルツ、ヨーロッパの心温まる民族音楽やダンスで誕生日を盛り上げてくれる。

さらに、来店したすべての人に、缶ビールやドリンク券の当たるハズレなしのスピードくじも用意。



大きなガラスモザイク壁画やビールの泡をイメージした水玉模様の照明、葡萄の房をモチーフにしたシャンデリアなど、まるで教会のような風格ある荘厳な空間で美味しいひとときを!「ビアホールライオン 銀座七丁目店」の誕生祭に、ぜひ参加してみて。

■『ビヤホールライオン 銀座七丁目店』
住所:東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル1F

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable